RN51_logo

Tel:03-6426-5812

平日 10:00 - 17:00

お問合せはこちらから

太陽光パネル自動洗浄装置
papper3(パッパー3)

名前の由来

太陽光ソーラーパネルの【ネル】 と
洗浄装置の特徴である【ワイパー】を組み合わせて
 【 パッパー 】
というネーミングにしました。
覚えやすさ、親しみやすさに加えて商品がイメージしやすいことをコンセプトにしています。
 

キーワードは

■ワイパー
■ワイパー数 枚(3~5枚を想定)
■洗浄速度 弊社従来機の倍(洗浄部分が3倍長いため)
■価格 弊社従来機の分の1

 

パッパー3の特徴

雨滴感知式オートワイパーによる自動洗浄

◎雨の日に洗浄するという新発想!

パネルの汚れは発電効率を低下させるだけでなく、設備の劣化にも繋がります。
そこで着目したのが、雨水を利用した洗浄です。
日本の平均降水日数は年間126日(※)で、計算上3日に1回は雨が降っていることになります。
雨水を利用することで水源の確保が容易に出来、環境への影響も心配ありません。
そして、なにより水道水・井戸水に含まれるカルキや不純物等により起こりうるパネルへの負担を抑えることが出来ます。
雨滴感知式ワイパーで雨天時に自動洗浄を行うため、発電の邪魔になりません。
ワイパーはシリコンラバーを使用しているので、パネルを傷つけないだけでなく、パネル表面のコーティングもしていく優れものです。効果的なパネルの洗浄が可能です。
(※)出典:総務省統計局「統計でみる都道府県のすがた2013」
 

雨水利用で水配管不要

◎水の確保不要で設置場所を問わない

従来品でデメリットとなっていたのが、水配管でした。
これを解決するのが、雨天時の洗浄です。
雨水という「自然の洗浄水」を利用することで、水配管を使用しない洗浄が可能になりました。
そのため、メガソーラーなどの周囲に水を供給できる仕組みがなくても、パッパー3を設置することによりパネルの洗浄を簡単に行うことが出来るようになります。
 

3枚ワイパーで確実洗浄

◎3種類のワイパーを使用

パッパー3の洗浄に不可欠なのが3枚ワイパーです。1回の稼働でパネル全体の洗浄が可能です。
  1本目・・・汚れをサッと除去
  2本目・・・より確実に汚れを除去
  3本目・・・残っている汚れと同時に水を除去、仕上げを行います。

ワイパーの長さは1枚3m、従来より3倍の長さ、洗浄率も3倍にアップしています。
※ワイパーの本数は、汚れの内容により5本まで増やすことが可能です。
 お客様の幅広いニーズに応え致します。


 

弊社開発の特殊レール固定型脱着方式採用(特許取得済み)

◎レール固定型でパネルに負担をかけない

架台などにレールを固定し、そのレール上を動く仕組みです。
現在、パネルはどんどん改良され、薄く高性能になっています。
薄いパネルに負担をかけないために、パネルに本体を固定するのではなく架台などにレールを固定する方式を採用しました。
弊社開発の特殊レールは、中心部を四角形にすることで、接続しやすいだけでなく、捻じれも起こりません。 また、横にあるボルトT字溝は、取り付けピッチが自由になるので、取り付けが簡単です。
さらにレールの断面を楕円形にすることで、円形よりも強度が増しました。

◎低価格を実現

従来品と比較すると、大幅なコストダウンを実現しました。
「ブラシ」・「リニア」・「特殊レール」・「給水装置と水配管」などのコストがかかる物をすべて排除しました。
そのため、従来よりも、約3分の1の価格で提供できることが可能となりました。

◎シンプルで安心設計

「ブラシ」や「リニア」などの特殊構造を取り除きシンプルなワイパー洗浄を採用したことで、パッパー3はこれまで以上に効率的かつ機能的なものになりました。
 

簡単設置で幅広い用途に対応

◎家庭用太陽光パネルからメガソーラーまで使用可能

家庭用の小規模な太陽光パネルから大規模メガソーラーにいたるまで幅広く設置できる優れもの。

◎取り外し可能で、持ち運びもラクラク

大規模メガソーラーなどでは、各アレイにレールだけ取付け、本体を移動させることで、複数のアレイの洗浄をすることも可能です。
全アレイへ設置するのではなく、特に汚れの酷いアレイに設置することで費用対効果が得られます。

◎誰にでも簡単に組立・設置可能!

設置のための複雑な構造はないため、誰にでも簡単に組立設置できます。
蓋に太陽光のセルが内蔵されていますので、完全な自己完結型で一切電気工事が不要です。もちろん電気代も一切かかりません!

単純設計で故障しにくい

◎24時間365日屋外での稼働にも耐えれる設計

シンプルな設計のため故障の心配もほとんどなく、安心の設計となっています。
 

パッパー3は太陽光パネルのこんな悩みにもお答えします!

常に最高のパフォーマンスを維持

◎パネル上に残っているホコリ等による発電効率の低下

太陽光パネルは、目に見えないようなホコリでも汚れが残っていると発電効率が下がっていきます。
パッパー3を導入する事により、課題を解決し、発電効率を落とすことなく、いつでもパネルが持つ最大のパフォーマンスを発揮する事が可能になりました。
全国で続々とパッパー3の設置が増えています。
※写真は福島で稼働中のパッパー3です。

福島で稼働中のパッパー3

福島で稼働中のパッパー3

福島で稼働中のパッパー3

 

パッパー3
製造ラインのご紹介

多くのお客様にご発注いただき、製造工場ではパッパー3の生産数を大幅にアップしています。
ここでは生産過程の一部をご紹介いたします。

製造ライン

製造ライン

製造ライン

パッパー3(連結タイプ)の設置事例

背景

一般的に、太陽光パネルは、目に見えないようなホコリでも汚れが残っていると発電効率が低下すると言われています。
また、75%の光量がカットされると発電できなくなります。
乳牛の厩舎や鶏舎等の屋上に設置されている太陽光パネルは、飼育されている動物のエサの粉塵が舞い上がり、
斜度があまりないため、比較的多量の堆積物が太陽光パネルの表面を短期間で汚してしまう現象が起きています。

パッパー3(連結タイプ)の特徴

弊社で通常設置しているパッパー3は、野立て設置の太陽光パネルに対応したもので、パネルに対して水平方向に動いて汚れを除去する方式です。
それに対し、今回のパッパー3(連結タイプ)は、パネル同士の間隔が狭い屋根のような場所でも設置できるよう、従来のパッパー3のサイズをパネルの長辺3枚分まで長くし、パネルに対して垂直方向に動くことのできる機種です。
サイズは大きくなりましたが、連結した両側のワイパーにはバッテリー等がついていないため軽く、これまで通り簡単に設置することができます。

1)牛舎屋根に設置された太陽パネル   2)粉塵で汚れた太陽光パネル    3)パッパー3連結タイプ設置風景
牛舎屋根に設置された太陽パネル
粉塵で汚れた太陽光パネル(PP3設置前)
パッパー3連結タイプ設置風景
4)パッパー3連結タイプ設置完了!  5)パッパー3連結タイプで試運転  6)雨でパネルがきれいになりました!
パッパー3連結タイプ(設置完了)
パッパー3連結タイプを使って洗浄中
パッパー3連結タイプによりパネルがきれいになりました

設置効果

雨天時にパッパー3(連結タイプ)で洗浄することで表面の汚れが除去でき、発電効率が回復することが見込まれます。
粉塵が舞い上がるような発電所では、約3ヶ月に1度のパネル清掃を多額の費用をかけて実施ししているのが現状です。
雨が降るたびに清掃が実施でるので、安定した発電が確保できます。

本事例では、これまでのような広大な敷地に作られた野立て太陽光パネルだけでなく、パネル間隔の狭い屋根のような場所でも
パッパー3(連結タイプ)を設置できたことから、今後は、乳牛の厩舎や鶏舎等の屋上に設置されている太陽光パネルなど幅広い活用が見込まれます。

※尚、こちらの太陽光パネルには、パッパー3連結タイプに加えて、雨天時以外にもパネルを洗浄できるようSUN-SUI51も設置されています。